大泉学園の家・竣工2018/11/30 15:42


大泉学園の家


永らく設計と監理に携わってきた、
「大泉学園の家」が竣工しました。


大泉学園の家


風致地区内での計画なため、
外観の色彩計画や植栽の本数など、
他ではあまり経験しない、様々な規制がありました。


大泉学園の家


キッチンから見た、
リビング・ダイニング。
仕上げは、床はコルクタイル。
壁・天井は、漆喰。
建具は造作の杉材建具






リビングから見た、キッチン。




キッチン。




シューズクロークのある玄関。




収納棚のある勝手口。
左側の小さな引き戸は階段下を利用した、猫トイレ。
小さな引き戸に猫用ドアが付いています。





階段室。
階段の一段目の蹴上が開いているのは、
そこがお掃除ロボットの棲家になっているか。
奥に充電用コンセントが設置されています。
お掃除ロボットがいつでも棲家に充電しに戻れるように、
建具の一段目が開いています。





目隠し塀で囲まれた坪庭付きの浴室。





猫の外遊び用デッキ。
通称、「猫デッキ」。





2階和室と洋室。




2階洋室。




階段室の壁を利用した、本棚ニッチ。




玄関から見た、リビング。








リビングから見た玄関と階段室。







外観夕景。


竣工引き渡しの時は、
毎回そうなのですが、
長い間、設計と現場監理に係わった建物が出来上がり、
建て主さんにもとても喜んでもらえて、
本当に嬉しいのですが、
いつも心の何処かに微かな虚ろができてしまうような、
気持ちになります。(慣れることができません。)



(by ダンナ)








コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tenku-saien.asablo.jp/blog/2018/11/30/9005220/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。