東久留米の家・竣工2018/02/20 15:45


東久留米の家



一昨年の11月ぐらいから、設計の相談がはじまり、
昨年の夏から工事が始まり、
その間、設計と工事監理に携わらせていただいた、
「東久留米の家」が冬を迎えて竣工しました。







ゆったりとした吹き抜けのあるリビング・ダイニング・キッチン。
壁は漆喰仕上げ。
キッチンから見たダイニング・リビングと、和室。
リビングには、家全体の暖房を担うペレットストーブ。
リビングから続く和室。壁は漆喰仕上げ。
リビング・ダイニングの吹き抜けと階段。 
キッチンと背面収納。
キッチンはシステムキッチン、収納は大工さんによる造作家具。 
2階、子供室。バルコニー側を見る。
バルコニー側からロフト方向を見た子供室。


子供室からみたリビング・ダイニング上部の吹き抜け。





キャットウォーク。






吹き抜けに面したスタディコーナー。






吹き抜けを挟んで子供室の向かえにある寝室。




寝室から見た子供室。




ウォークインクローゼット。




家全体の空気を循環させるファンに接続したダクト。




キャットウォークから見た吹き抜けとスタディコーナー。






階段と、壁の中の空間を利用した飾り棚。
お子さんの作品などを飾る予定です。






ロフト。




階段下を利用したトイレ。




玄関。収納は大工さんによる造作家具。







さりげなくかわいらしい外観の住宅が竣工しました。


外構工事はこれからです。
時間を掛けてじっくり取り組ませいただいた、
住宅の設計監理でした。
良い住宅が出来上がったと思います。
ご家族が、仲良く楽し気に暮らされるご様子が、
目に浮かびます。


竣工引き渡しの時は、
毎回そうなのですが、
長い間、設計と現場監理に係わった建物が出来上がり、
建て主さんにもとても喜んでもらえて、
本当に嬉しいのですが、
いつも心の何処かに微かな虚ろができてしまうような、
気持ちになります。(慣れることができません。)



(by ダンナ)







コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tenku-saien.asablo.jp/blog/2018/02/20/8791310/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。