豊岡・農業事業部・田植え・20162016/05/23 16:50


富士山


昨年から、LLPテイクスで農業事業部を起こして、
兵庫県の豊岡市で、少しばかりの農業を始めました。
出来るだけ農薬を使わない減農薬のお米作りです。

もう先々週になってしまうのですが、
田植えに行ってきました。
良い天気に恵まれて、
早朝の飛行機からは、
見事な富士山が眺められました。

知り合い山本銘木さんから、
素晴らしい景色の中に、
約2.4アール(2.4反)との田んぼを借りて、
稲を作りを始めました。
昨年は1アール(1反)でしたが、
お米の評判も良かったので、今年は約倍の作付面積にしてみました。
(農業事業部といっても、肝心な所は山本銘木さんにやっていただいていて、
私たちは体験農業のようなものですが。)
昨年は、実際の作業もほとんど役に立っていないようなものでしたが、
今年はAOAOさんと二人で、頑張って2反の田圃のほとんどを植えました。
(もちろん難しところはヤマメイさんにやっていただきました。)


田植え


田植え開始です。


手植え

手植え2


田植え機で上手くいかなかった箇所や、
隅の方の田植え機が入らなかった場所は手植えです。
手植えを一生懸命しているAOAOさん。
アジアの風景ですね。

僕はほとんど田植え機担当でした。
去年は随分と曲がって植えてしまいましたが、
今年はかなりまっすぐに植えることが出来ました。
(特に後半。)


田植え


かなりまっすぐ植えられたと思います。
(昨年よりは随分まっすぐになった。)
まっすぐに植えてあると稲刈りの時に楽なのですね。


自己満足写真


2反ちょっとですが、全部植え終わりました。
すごい達成感と心地よい疲労感が味わえました。
自己満足写真です。

農薬をほとんど使っていないので、
いろいろな動物がやって来て、
足跡を残してゆきます。


鷺


鷺やコウノトリがきます。(写真は鷺。コウノトリはもう少し大きい。)


足跡1


鷺の足跡。


足跡2


猪の足跡。

いろんな動物が、てくてく、てくてくと足跡を残してゆくので、
私たちが作るお米のブランド名は「てくてく米」となりました。


田植えの後は近くのたんたん温泉福寿の湯へ。

そしてそのあとは農家民宿「八平さん」へ。


八平さん

農家民宿「八平」さん。

八平さんのお母さん

八平さんのおかみさん。

囲炉裏料理

おいしい囲炉裏端料理。旬の地ものばかり。
本当にとてもおいしい。

良い気分

すっかり良い気分でくつろぐ男二人。


おいしい旬の地のものの料理と、
自家製のおいしい2種類のどぶろくで、
すっかり良い気分になりました。


秋の稲刈りが今からとても楽しみです。


(by ダンナ)


コメント

_ やまもと ― 2016-05-23 19:35

この度も遠い処大変お疲れさまでした。
収獲が楽しみですね。
頑張ってお世話します^^
収穫祭はよろしくお願いします。

_ ダンナ ― 2016-05-24 09:27

稲刈り楽しみにしています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tenku-saien.asablo.jp/blog/2016/05/23/8094722/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。