石神井公園の家・竣工2016/05/11 11:25


石神井公園の家外観1


長らくブログを更新していませんでした。
何かいろいろな設計の締め切りと、
現場の竣工間際の打ち合わせや検査などが続いて、
忙しくしていました。

石神井公園の家が竣工したのも、
実は一月近く前になるのですが、
やっと写真をアップします。

どんな住宅でも、建て主さんの希望はさまざまで、
必ず独特のこだわりがあるものなのですが、
(それがあるからこそ独特な個性のある住宅が生まれます。)
この住宅は、耐震性能と断熱性能に、
特にこだわって設計しました。
いつもどの住宅の設計でも、
耐震性能と断熱性能にはこだわっているのですが、
今回は建て主さんの希望で、
耐震等級なども3等級(一番上の等級)の1.3倍ぐらいの強さを、
余裕を持って超えられるように計画しました。
耐震等級が3等級ということは、
建築基準法で要求されている強さの1.5倍の強さになるので、
それの1.3倍ぐらいの強さを、
余裕を持って超えるということは、
建築基準法で要求されている強さの約2倍の強さになるということになります。


石神井公園の家内観1


キッチンから見たリビング・ダイニング。
吹き抜けから日差しが差し込みます。


石神井公園の家内観2


リビングから見たキッチン。



石神井公園の家内観3


リビング吹き抜けの夕景。


石神井公園の家内観4


手作りのキッチン。既製品では出来ない、
特別な寸法やさまざまなこだわりや要望に応えることが出来ます。


石神井公園の家内観5


玄関。玄関ドアも手作りで建具屋さんに作ってもらいました。


石神井公園の家内観5


玄関から見た階段。


石神井公園の家外観6


サンルームから見た吹き抜け。


和室1

和室2


和室。ふすまは和紙(竹紙:竹で漉いた紙)貼り。
欄間はこの敷地に建っていた旧宅の和室のものを再利用。


主寝室


主寝室。上の小窓は通風用の窓。


ロフト


ロフト。


ロフト2


ロフトから見た吹き抜け。


竣工引き渡しの時は、
長い間、設計と現場監理に係わった建物が出来上がり、
建て主さんにもとても喜んでもらえて、
本当に嬉しいのですが、
いつも心の何処かに微かな虚ろができてしまうような、
気持ちになります。



(by ダンナ)


大本静岡分苑・竣工2016/05/11 14:54


大本静岡分苑1


長らく設計と監理に携わらせてもらった、
大本静岡分苑が桜の季節に竣工しました。


大本静岡分苑2

大本静岡分苑3


CLTパネルの落とし込み構法という新しい構造で、
構造実験をしながら設計した建物です。
(CLT:Cross Laminated Timberの略で、
板の層を各層で互いに直交するように積層接着した厚型パネルのことです。)

もともと寺社仏閣は、
無垢板材の落とし込み構法で作られているのですが、
無垢板材の反りや収縮などの問題があり、
その部分をCLTパネルに置き換えることで、
問題を解決できると考えました。
またCLTパネルという新しい素材を使っても、
落とし込み構法にすることにより
神道の施設に相応しい気配の建物になると考えました。

CLTパネルは杉の間伐材で作られているため、
建物は圧倒的な量の杉材で作られていることになり、
中に入るとても良い杉と檜の香りに包まれます。



拝殿


拝殿。すべて檜材で作られています。
若い大工さんがとても丁寧に施工してくれました。


拝殿2


拝殿から神前の間を見る。

神前の間


神前の間から拝殿を見る。


貴賓室


和室。


水屋


水屋。


玄関


玄関。

そして玄関を出ると目の前に、
こんな素晴らしい光景が目に飛び込んで来ます。


富士山


富士山。


新しい構法を実験しながら設計できた、
とても良い経験でした。



(by ダンナ)