石巻・十三浜-復興支援2012/02/07 18:12


十三浜-復興支援


2月5日~6日と、
石巻の十三浜に行ってきました。
仲間の建築士や施工者、生活クラブの人たちと、
復興支援のために、
牡蠣やワカメの作業用テーブル26台と椅子100脚を、
届けるためです。

仲間の建築士や施工者、組合員さんにも、
寄付をお願いして、
テーブルや椅子の材料費や加工費、輸送費にさせて貰いました。
材料費や加工費、輸送費もすべてギリギリのコストで協力していただきました。
係わってくださったすべての人に感謝です。ありがとうございました。



輸送-ヤマメイさん


トラックいっぱいのテーブル26台と椅子100脚はちょっと壮観です。
材料の供給から輸送まで、ヤマメイさん、ありがとうございました。
ヤマメイさんは兵庫豊岡の材木屋さんで、
雪道に強いヤマメイ号は心強い味方でした。
(お疲れ様でした。)


テーブル-脚の組み立て


テーブル-天板


作業用のテーブルは、いつも現場作業用に使っている、
クロスして組み立てるものに、
ステンレス0.35ミリの天板を貼り付けた物です。


123チェアー


椅子は建築の現場で一番よく使うイーニッサン(123)と呼んでいる、
30×40の材だけで、
最小の接点数で丈夫に簡単に組み立てられるように、
僕が設計してみました。
123チェアーと呼んでいます。
123が発展を表しているようで、気持ちよい呼び名だと思っています。
シンプルで丈夫な美しい椅子が出来たと思います。
(自画自賛ですが。)
各現場で端材として捨てられてしまう123材を集めて、
椅子の材料にして使うことで、コストダウンしようと思っていたのですが、
実際には、ヤマメイさんが材を供給してくださったので、
それを予定の寸法に削ってもらい使いました。
時間も限られていたので、各現場から集め回らなくて済み、
大変助かりました。


椅子とテーブル


地元の方にも、しっかりしていて座り心地が良いと、
とても喜ばれ、とても嬉しく思いました。


廃車の山


行く途中でまだまだ目にする、廃車や瓦礫の山。
まだまだ復興が進んでいるようには見えません。


浜


何も無くなってしまった浜。
雪が降りかかるばかり。

賑わいが戻ることを祈るばかりです。


北上川


こんなに美しい地域です。

簡単ではなく長い道のりであることは、
判っていますが、
東北の復興を願わずにはいられません。
息の長い支援が必要だと思います。



(by ダンナ)




コメント

_ ヤマメイ ― 2012-02-10 07:54

お疲れ様でした。跡地を見て水の力に呆然・・・津波って・・・
よい経験をさせて頂きました。有難うございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tenku-saien.asablo.jp/blog/2012/02/07/6324226/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。